実績紹介

W-STYLE大阪天満宮

竣工
平成28年6月
構造
鉄筋コンクリート造
敷地面積
280.18㎡
延べ床面積
2132.09㎡
総戸数
70戸

大阪市北区東天満エリアは大阪・梅田新道と東京・日本橋を結ぶ総距離約560キロ・旧東海道にあたり日本の様々な都市を結ぶ「国道1号線」を中心にそれを囲むように発展した街区であります。
特に梅田新道-京橋駅間(京街道)の「国道1号線」沿いには沢山のビルディングが立ち並び人や車が行きかう賑やかで都会のエッセンスを感じることができる雰囲気があります。
それとは対照的に東天満エリア近接には創建1000年を超える「大阪天満宮」があり、境内には菅原道真公が好んだ梅の花が季節になると美しく咲き誇り、都市として成熟したこのエリアに風流を運びます。
さらに「大阪天満宮」すぐそばには上方文化を後世に伝えるべく天満天神繁昌亭があり、今後は観光客の増加に伴い人気スポットとして注目度が増すと予想され、東天満エリアへの人の流れに拍車がかかるかもしれません。
そんな多様性をみせる東天満エリア内で梅田の高層ビル群を捉えることができる位置に地上15階建ての共同住宅が完成しました。